とある大学生の備忘録

理系大学生が思うことをぼちぼちと。SNSとかWebマーケティングが好き。

Instagramで集客に使うコツ!

スマホで撮ったスナップ写真を、おしゃれに公開できるSNSとして人気が高まっている「Instagram」。カジュアルな雰囲気と使いやすさ・手軽さから、若い層を中心に利用が広がっています。

「じゃあ、うちも集客に使ってみようかな」と考える方も多いかもしれません。しかし、このSNSちょっと曲者なんですよ!

 

実はこのInstagramFacebookなどの他のSNSとはすこし違う特徴を持っています。まずは、そこを押さえておくことが大切です!

今回は、Instagramの基本的な紹介と合わせ、WEB集客における活用の可能性や、利用時のポイントを、考えてみたいと思います。Instagramについてまだよく知らない…という方は必見ですよ!

写真特化型の新しいSNSInstagram」とは

まず最初に、Instagramについて簡単にご紹介しておきましょう。

サッと撮って、ちょっと加工して…手軽さが人気

画像01素敵なものを見かけたら、食べたら、購入したら…。撮影も、アップロードもスマホで一瞬のうちにできるSNSInstagram

殺風景になりがちなスマホ写真を、レトロ風加工やイラスト文字で今風に仕上げられるWEBサービスです。

食事や購入商品などの記録に加え、友達とのスナップに落書きを施した写真など、

かつて大流行した「プリント倶楽部」に似た使われ方も多く見られます。

 

Facebookが実生活の延長=リアルライフの記録であるとすれば、

Instagramはお気に入りだけを集めた「公開アルバム」と位置づけることができます。利用者に若い女性が多いのが特徴。

自らのフィーリングを重視し、またその感性を他者と共有したい傾向のある彼女たちにとって、Instagramは魅力的なコミュニケーションツールとなっているのでしょう。

撮影・公開はスマホのみ

Instagramは、スマホでの利用が前提。パソコンでログインした場合は、公開写真とフォロワー投稿の閲覧だけが可能です(いいね!を押したり、コメントをつけたりは可能)。デジタルカメラで撮りためた写真を、パソコン経由で一気にアップロードするような使い方はできません。

投稿は1枚ずつが基本。スマホで手軽に「撮って→加工して→公開」できるというフロー、簡単でスピーディな操作性が特徴となっているのです。

ちょっと面白いものを見つけたので、今度動画で丁寧にパソコンからも投稿できる方法をお教えします!

“気分で、ゆるく”つながるSNS

「フォロー」「コメント」「いいね!」「ハッシュタグ」。この4つが、Instagramの主要なコミュニケーション機能です。

気になるアカウントをフォローすると、自分のタイムラインにその人の投稿が流れてくるようになります。このあたりはTwitterと似ています。また、Instagramの投稿には、誰にでも・誰からでもコメントできます。Facebookmixiと同じく「いいね」もできて、Instagramではハートマークで、好意の気持ちを伝えられます。

画像04また、投稿文に「#」をつけたタグ名を書けば、Instagram内で同じタグがついた写真がまとめられ、ひとつのページとして見ることができるようになっています。Twitterハッシュタグと同じですね。

タグの内容は自由に設定できます。Instagramのユーザーは主にこのハッシュタグを辿り、好みのフォロワーを見つけていきます。興味があれば何でもタグ付けOK。「#seo対策」などというのもありますよ。

主な機能はこれだけ。Instagramは、とてもシンプルなSNSだと言えます。

 

 

告知手段や、他SNSとの連携は必須

以上の話から、「それじゃあ、ビジネスには使いにくいね」という結論になりがちですが、先日、Instagramの月間利用者がついに4億人を超えたとの発表もありました。特にターゲットが女性や若い層なら、これを活用しないのはもったいないです!

ポイントは、他メディアとの連携。単独でのマーケティング活用は難しいInstagramですが、キャンペーン仕立てにしたり、他のメディアと組み合わせたりして告知をサポートすれば、マーケティング活用も可能です。

実は、Instagramは、FacebookTwitterとの連携が非常に容易なツールでもあります。ターゲティング機能に優れたこれらのSNSと組み合わせると、その可能性は大きく発展します。

今回のまとめ

  1. 手軽でカジュアルなSNSInstagram」は、女性、若年層を中心に人気。
  2. マーケティング活用には他SNSとの連携が不可欠。プロモーション全体で集客力をアップ。
  3. オリジナルコンテンツとして、低コストでの運用も。ユーザー参加型と好相性。

芸能人や著名ブランドなど、影響力の強いユーザーによる利用が多いといわれるInstagram

今後もシェアを広げていくと考えられます。単独でのマーケティング活用には限界がありそうですが、見方を変えれば、複雑さのないシンプルな仕様だからこそ、工夫次第で様々に活用できると捉えることもできますね。そんな特徴をしっかりと踏まえた上で、ぜひオリジナルな活用方法を考えてみてください。